英検1級受験対策をメインに行うアルカディア・コミュニケーションズです。

今日ご紹介したい言葉は、

Today is the first day of the rest of your life. So enjoy it!
今日は、残りの人生の1日目。思いっきり楽しんで!

詠み人知らず、と言われています。

Seize the day.

これは、Dead Poets Societyという映画で有名になった言葉。
seizeは「つかむ」という意味で、文字通り、その日をつかめ、ということから
映画では「今を生きろ」という訳文を当てられていました。

また、この映画の中では、ラテン語の
Carpe Diem
(1日の花を摘め)も出ていて、「一期一会」という日本語も使われています。

一期一会。

茶道の心構え。お茶を出す相手とは、もう二度と会えないかもしれない。誠心誠意心を込めてお茶をたて、お出しするように。またいただく方も、ありがたくいただくように。そんな心構えを表現した言葉で、英語にはぴったりくる短い表現がなく、Seize the dayやCarpe Diemなどを用いる場合が多いようです。

一生に一度のチャンスーーーと、once in a life-time chanceといった英語表現も可能です。

いずれにせよ、どの英語表現も、日本語の一期一会という言葉を伝えたい場合は、「だから、この機会を大切に」という説明を添えると、真意が伝わりやすくなるのではないでしょうか。


こういった表現に出会うと、1日1日を大切に生きなくては!と改めて思います。